ちょっと意識して自分探しワーク

常に周囲の人を優先し過ぎる生活をしていると、

場の空気に溶け込むことは得意でも、

疑問に思っていても主張もせず、強そうな人の意見に従い。

その場にはいるけれど私が空気化していると気づいた時。

 

それでもいいけど、

その周りの人達に意見を求められたり、

自分で選択しなければいけない場面に遭遇してしまったら。。。。

 

何をしたいのか、何が好きで嫌いなのか。

できることはなんなのか?

解らないことに気づいてしまい何にもないように感じて

落ち込んでしまうことはありませんか。

 

時には両親に、学校の先生に、友人に同僚に先輩に合わせて

流されるまま生きてきたからこそ

貴方は相手を想いの共感力が高めな配慮のできる人でしょう。

しかし、それだけでは良くないかもしれない。

ついつい自分を後回しにしがちで自己嫌悪。

 

そんなかたに

ちょっとしたワークを行なってみてはいかがでしょう。

 

毎日の生活でちょっとだけ自分の感情を振り返ることです。

 

例えば

友人との会話で貴方が笑った時。

 

“ん?何が面白くて笑ったっけ?“

思い返してみてください。

 

友人の話の内容が面白かった。

友人の話す表情が面白かった。

友人が自分で笑いだしたかから一緒に笑ってみた。

特に面白くなかったけど他の人が笑ったから笑った。

 

などなど。

 

 

「このスィーツ美味しい!」と感じた時。

“ん?美味しく感じたのはどんなところ?“考えてみてください。

 

苺がそのまま乗っかっているがその苺が甘くて美味しい。

クリームがちょうど良い甘さで美味しい。

カスタードとフルーツを一緒に口に入れると絶妙。

パイがサクサク食感で美味しい。

 

なんでもいいです。

 

嬉しい、悲しい、楽しい、がっかり、感動、怒りなど、

心が揺れた時に感じたことを少しだけ詳しく思い返すことを繰り返し、

言語化することで客観視ができます。

そしてだんだん「あ。私こういうのが好きだわ」

「これは苦手」「これできるかも」「これ得意だったのか」

 

自分の気持ちに注目することで気づきが増え

「私らしさ」を見つけてゆことができます。

 

そうすれば相手に配慮しつつ主張や選択も落ち込む原因にはならなくかもしれませんよ。

 

投稿者プロフィール

宮地淑子
宮地淑子
くれたけ心理相談室 千葉県市川支部
心理カウンセラー・産業カウンセラー
対面・オンライン相談お待ちしております。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

【散歩】東京都庭園美術館